食道がんの特徴

食道がんは、残念ながら「予後が悪いがん」といわざるを得ません。
その原因は、「発見しにくく」、「進行しやすい」、「転移しやすい」、「再発しやすい」ためです。

今回は「転移しやすい」という点に着目してみましょう。

食道は粘膜や筋肉など4層の組織で構成されています。
しかし、他の内臓器官にある、漿膜と呼ばれる外側を守る保護膜がありません。
内部で発生したがんなどの異常細胞が外に湿潤しやすくなってしまうのです。

一度食道がんが発症してしまうと、周囲の臓器へあっという間に転移しやすのです。

食道の周囲には、気管・気管支・肺・大動脈・心臓などの重要な臓器が近接しているので、転移が起こると病巣の切除手術はより困難になります。

また、リンパ節に転移しやすいというのもやっかいなところです。リンパ節への転移は、リンパ液の流れに乗って転移が広がりやすいので、これもまた手術後の再発へと繋がりやすい原因になります。

かといって「末期」や「転移した」食道がんの方はなにも対策がないのでしょうか?

現代科学は日進月歩、素晴らしい発展を遂げているのは否定しません。
しかし、人類は人体について未だほんの少しのことしかわかっておらず、医学的にみても本当に信じられないような奇跡的なことが起きているというのも事実です。

人は未知の素晴らしい力(自然治癒力)を持っているのです。
この「自然治癒力」を最大限に活かすことを目的にしたのが東洋医学です。

自然治癒力を引き上げたい方に是非オススメしたいのが漢方薬舗です。
漢方の購入は、話を聞いた上で、必要であると感じた場合のみ購入することが出来ます。
押し売りなども一切ないので、まずは相談してみるというだけでも大丈夫です。

末期がんの方で相談に来られる患者さんもいらっしゃいます。

そんな1人1人を大切に、親身になって考えてくれる漢方薬舗に、1度相談してみませんか?
「気持ちが楽になる」ということも、治療にとっても大きな進歩ですよ!