食道がんでお悩みの方への漢方薬。漢方の相談室

食道がんは40歳代後半以降の男性に多く、
また、「喫煙」がこの病気の発症リスクを高めることがわかっております。

日本では現在、1年間におよそ9千人が新に罹患しており、その数は増加傾向です。

さらに、最近では「飲酒」も発症リスクを高めるということが注目されています。
特にお酒を飲んで顔が赤くなる人は、食道がんになりやすい体質と考えられています。
お酒の飲み過ぎには注意しましょう。

食道がんがやっかいな理由の一つに、早期ではほとんど症状が現れません。

・飲んだり食べたりしたときにしみる
・のどの違和感がある
・飲食物がつかえる
・痛い
・声がかすれる

などの自覚症状がありますが、これらの症状が出たときは残念ながら進行しているケースが多いです。リスクの高い人は、内視鏡検査による食道がん検診を受けましょう。

食道がんの治療には、内視鏡治療、手術療法、放射線療法、化学療法があります。
がんの進み具合や患者さんの全身状態によって選択されます。

一般に、がんが粘膜の表面にとどまっている場合は内視鏡治療、粘膜からやや奥まで進んでいる場合は手術療法、それより進んだ場合には放射線療法と化学療法を併用する「科学放射線療法」を行います。

西洋医学の治療はいずれも副作用が伴います。
もっと違った観点から治療を助ける方法はないのでしょうか?

そんな方に是非オススメしたい漢方薬局です。
漢方の購入は、話を聞いた上で、必要であると感じた場合のみ購入することが出来ます。
押し売りなども一切ないので、まずは相談してみるというだけでも大丈夫です。

末期がんの方で相談に来られる患者さんもいらっしゃいます。

そんな1人1人を大切に、親身になって考えてくれる漢方薬局に、1度相談してみませんか?
「気持ちが楽になる」ということも、治療にとっても大きな進歩ですよ!